人気ブログランキング |

断捨離とは、物を捨てる、ということだけではなく

物の断捨離が必要ない、というわけではないです。


必要です。


ですけれど、習慣や人や、行動においても言えますよね、


とご指摘頂き、


考えてみました。


たまたまその帰りに借りた図書館の本


心屋仁之助さんの「がんばらない成長論」の中に、


『私は親不孝してもいいんだ、と考えることです』


という一文がありました。


a0287775_21484747.jpg
その章を読んでいたら、



『母のお見舞い、行ける時だけで良いんじゃない?』


が浮かんだんです。


前にも書いたけれど、


もはや私たちのこともわかっていない様子の母、


起きてはいるけれど、何の反応も示さない母、


それが良いとか悪いとかではなく、


会いにいくのが辛いというのでもないのですが。




会いたいから行く、


というよりも、


親不孝にならないように、とか


今の状態やこれ以上の回復を望むなら


会いに行く頻度が高くないと...とか


良い人でありたい、いや思われたい?とか


でした。


行かなくちゃいけない、って自分に言い聞かせていました。←無自覚



これからは、


会いたいときに行く、にします。




親不孝でいいんだから。


私を大事にしてからでいいんです。







# by kodurebali | 2019-09-17 22:15 | 思ったこと...

ほっこりしたと思わせて、実はそれは残酷な指摘への序章だった話

a0287775_21465550.jpg
うちの夫は、私の機嫌をとろうとして、

「ねぇ、○○○ちゃんってほんとにもうすぐ50歳?

ぜんぜん見えないんだけどーーー」

とか言うんですよね。

私は、そりゃそうでしょ、

当然だから、ぐらい思っていたし、実際口にもだしていました。


ですがね。


先日、息子とベルクに行った時のことです。

ベルクの入り口わきに、

お利口そうな、純粋そうなゴールデンリトルバーがつながれていました。

私が『かわいいねぇ』と息子に言うと、

息子が言うのです。

「ママはさ、犬ににてるネ」

私たちは買い物を終え、手をつないで、車に戻ろうとしていました。

息子は、感情の起伏が激しいタイプですが、

その時は穏やかにやさしく、「ママは犬に,似てるよ」

と繰り返すのです。

私は断然犬派だし、ちょっとほっこりと、

「そうかな・・?」なんて答えたのでした。

うん、と息子は穏やかな調子で続けます。

「ママはさ、ブルドックににてる」

......?

......!!

私「ブルドック?」

息子「そう、にてる」

私「・・・・それって、ほっぺが?ほっぺがにてるってこと?」

私「垂れているから?ほっぺが垂れているから?」

息子「うん。ほっぺがにてるよ」(やさしく...)

a0287775_21460446.jpg
今日、

ふっと鏡を見たら、

ああ、とそのくだりが、深くうなずけてしまい、

イラストに描いてみました。


ほうれい線は今に始まったことではないけれど、

さらに口のわきのところのたるみが加わっているよね、と。

そこを息子は言っているのよね、と。


知り合いの接骨院での美顔針にトライしようかと、

真剣に考えています。




# by kodurebali | 2019-09-16 22:07 | 子供とのあれこれ

私には、私が無い、と気付いてしまった

a0287775_11325350.jpg
昨日は、ミネットさんに行って

友人とランチをしました。

ミネットさんは、ほんと越谷駅周辺で数少ない、

女子心を満足させてくれるお店です。


a0287775_11385231.jpg
カレーなんていうのも、ランチメニューに登場していて、

かなり惹かれました。

けれどいつものキッシュプレートで、ゴーヤチャンプルなるキッシュを選びました。

青のお皿に料理が映えますね。

初めてランチしたごーますさんがカレーを選んでいらっしゃいました。
a0287775_11373471.jpg
あとで感想を伺ったところ、

「超好みの味💛」だったそうです。何よりです。



そんなところから、


どんなところから、か今朝わかったんです。


『わ!私って、

関わる人や友人に対して、

あーだこーだ

思ったり 他のひとに言ったり

女の腐ったような奴だったんだね!!』

ってこと...



なんか聡明ぶって、

繊細ぶって、

話していた自分が見えてしまって、

がくぅううん、と落ちてます。いま。

私には、自分がない、

芯がない、きちんと立っていない、

ゆらゆら~~っとしてるだけだったんです。

こうもりのように、あっちに行ったりこっちに行ったり、のお調子者~~

嫌われたくない、という思いはまだ健在でしたね。


なんというか、

『自分』があれば、

イチイチ反応したりしなくて良い日々の出来事を、

過剰に受け止めていた私がいたのです。

しかも、

相手はむしろ善意で対応してくれていただけの、出来事もあるのに。


小さい。

私は小さいねーーー


落ち込んだけれど、

ちょっとそこからの自分の立ち上がりを見てみたい、

小さいならそれはそれ、でもそこを受け止めて私、

そう思っています。

眠っている『私』を起こしていかねば、いけません。


そんな昨日から今日への大きな、

そして恥ずかしーー、気付きでした。

美味しいものをたくさん食べたのが、でも、救いです。


a0287775_11371655.jpg
なんでもないクリームブリュレに見えますが、
これは無花果のクリームブリュレ💛
a0287775_11380380.jpg
かき氷、ルバーブと白桃のかき氷です。

ルバーブとか

無花果とか、

そんなのも女子心を満足させてくれる、ミネットさんでした。











# by kodurebali | 2019-09-14 12:17 | 思ったこと...

根本からかえてく一言 「お母さんは幸せだった」

a0287775_09410761.jpg

心屋 仁之助氏の本は、まだ2冊目です。

以前、遠野なぎこさんがテレビで心屋さんのカウンセリングを受けていたのを

見ていて、衝撃を受けたのですよね。

自分を愛さなかった母に対して、
(醜いと言ったり、失敗作と言ったり、
その他いろいろ)

それでも母親を愛していたとなぎこさんが

「お母さんを嫌いな子供なんていないじゃないですか」

滂沱の涙を流した後、

心屋さんが言うんですよ。


っきり覚えていないのがくやしいけれど、たしか。...

『お母さんみたいになりたい、
と言ってください』

えーーっ!!!!!!!!

言えないでしょ!?

なぎこさんは、嗚咽と涙でもうぐしゃぐしゃになりながら、

「言えません...!...」

と、答えていた...と思います。その後の展開は覚えていません。

が、

心屋さん凄すぎる...それを言わせるのか?!

想像を超えた言葉でした。忘れられません。



最近になって、ヨガの哲学?を学ぶなか、

先生のお話の中、心屋さんの話が出てきたので、

読んでみたんですよね。

その中で、はぁーーーーーっ、と自分の受け止めた方を180度変えてくれたのが

この一文でした。

『「母親は幸せだった」と言ってみる』

これはお金に困らない生き方を書いた本で、

でお金に対してネガティブな思いや価値観を抱きがちな

その大元に親が大部分関与してますよね、

そこを変えていかなければね、

っていうお話なんですが。

a0287775_09313599.jpg






私の母は、昨年6月に原因不明で倒れて、

原因不明のまま今も入院中です。

意識障害、気管切開もしているので意思の疎通も出来ないまま、

最近では私が誰であるかもわからない様子です。

初期の段階で、母の状態では、長くても2年以内で亡くなることが十分に考えられる、
と説明を受けました。

父が脳梗塞を患い、そして6年前に亡くなってから、

母はずっと鬱状態と言ってよく、

元々の激しいきつい性格に拍車がかかって、やっかいな疲れる人になっていました。

父の存命中は、父の介護にあたりながら、

「早く死んでくれ」まで言ったりすることもありました。

そうは言っても、父が亡くなってしまうと、そのつらい介護は忘れたのか、

「あんな良いお父さんが死んでしまって、

こんなに辛い晩年が来るとは思わなかった」

とまた、泣いて...

そういうの見たり聞いたりするのは、娘としてもそりゃあしんどいものです。

スポーツしたら?

習い事再開したら?

一緒に旅行に行こう。

私たち(私と妹)なりにやったつもりです。

それでも、母は自分で自分をどんどん毒していって、

それでとうとう

倒れてしまった、こんな悲しい、やりきれないことってあるんですよね。


って、ずっと思っていました。


でも

『お母さんは幸せだった』

そうだよ、幸せでしょう?

大好きだった父と夫婦でいられて、

母を思う娘たちにも恵まれて、

家族で海外旅行に何度も行ったり、

お琴の免許もとったし、

色々心配してくれる友達もいたでしょう。

と、物事は見方で変わるんだよね、とハッとしたのです。

根本からガラリと変えることにしたのです。


なので

早速,

病院の母の枕元で言いました。

3度くらいね、

「お母さんは幸せだった、幸せなんだよー」

って。

ちょっと気が晴れました。

そう、

心屋さんの本、おすすめです!!!

昨日から私は、存在給が月100万だから、

ということになってます。

「存在給」とは?

気になる方はぜひご一読を。




110.png




# by kodurebali | 2019-09-13 18:41 | スピリチャル おもうこと

もやもやの日々、息子の右腕骨折

そもそもは

雷、乱れ打ち状態の中、

相当に恐い思いをしながら、息子をサッカーに送っていったのが始まりです149.png


実は今日までにブログを再開するというミッションを自分に課していたので、

何を書こうかもう苦しんでいたのですよ。

そうしたらもう猛烈に眠くなってしまい。

30分寝ちゃいました。

目覚めてスマホを見ると、サッカーのコーチからの着歴が!!!



あの、雷の中「俺はサッカー行きたい!!」と勇ましく出かけて行った息子9歳、

だっだのですが!

転んで、肘のなんとか、という部分を骨折してしまいました!


はぁ  脱力。


非常に微妙な場所で、

成長期でもあるので、最悪くっつかなければ手術だって...
a0287775_22560939.jpg

帰ってくると、夫が

「ありがとうって言い続ければくっつくから」

と息子に言っています。

「奇跡が起きるから」

と。

ありがとう信者です。

ふわふわな私たち夫婦です。似たもの、おばか、スピリチャル夫婦ですね。



なんだか。

結局、この後息子が大荒れで、ずっと側についていないと怒られたので、

苦しい夜を過ごすことになりました。

久しぶりのブログも、息子の骨折と私たち夫婦のふわっと感をお伝えするだけのものとなりそうです。...。

a0287775_06142664.jpg




# by kodurebali | 2019-09-12 06:17 | 思ったこと...